パーマやカラーリングで抜け毛が増える?

カラーリングや白髪染め、パーマは髪に良くない?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

薄毛女性

 

 

 

カラーリングや白髪染め、パーマなど髪のおしゃれをする女性も多いと思います。

 

 

でも、これらをやりすぎると抜け毛が増えるという噂もあります。

 

 

ここでは、カラーリングや白髪染め、パーマと髪の毛の関係をみていきましょう。

 

 

 

ハリ・コシ・ボリュームをUPする最強育毛剤はこちらをクリック↓ 薄毛女性

 

 

スポンサードリンク

カラーリング、白髪染め、パーマと抜け毛の関係は?

 

薄毛女性

 

 

 

パーマ液やカラーリング剤には、チオグリコール酸アンモニウム塩、アンモニア、エタノールアミンという強いアルカリ性の薬剤が含まれていて、キューティクルを開くことで薬剤を浸透させていきます。

 

 

また、パーマのウエーブを固定したり、メラニン色素を脱色したり、酸化させることにより発色させたりする為、酸性の薬剤も使われています。

 

 

髪の表面を覆うキューティクルは、アルカリ性になると開き、酸性では引きしまる性質があります。

 

 

でも、これらの薬剤を使うと、髪のキューティクルが開いたり閉じたりを繰り返してしまいます。

 

 

薄毛女性

 

 

 

この様に、パーマ液やカラーリング剤は髪や頭皮で沢山の化学反応を起こしています。

 

 

健康な髪や頭皮は弱酸性なため、アルカリ性や酸性の反応により髪や頭皮にどうしても負担がかかってしまいます。

 

 

繰り返しパーマやカラーリングを行うと、だんだん髪や頭皮がアルカリ性へと傾き。。

 

 

最終的には、キューティクルが開きっぱなしになてしまいます。

 

 

すると、髪内部の細胞を守るという本来の機能を果たせなくなり、たんぱく質などが外に流れ出てしまいます。

 

 

薄毛女性

 

 

 

次第に髪は弱くなり、水分量や柔軟性が低下して切れやすい状態に。。

 

 

また、これらの薬剤は髪だけでなく頭皮にも影響を与えるといわれています。

 

 

パーマやカラーリング中に頭皮がピリピリするという経験をされた人も多いのではないでしょうか?

 

 

これらの薬剤が頭皮に刺激を与えると、頭皮は炎症を起こし、髪が育ちにくい環境に変わってしまいます。

 

 

スポンサードリンク

頭皮の健康を守るために気を付けること

 

女性の薄毛

 

 

頭皮の事を考えたら、パーマやカラーリングはできるだけ行わない方が良いです。

 

 

でも、おしゃれもしたいですし、そうもいきませんよね?

 

 

どうしても、パーマやカラーリングをしたいという人は次のことを心がけるようにしましょう。

 

 

● 連続してパーマやカラーリングは行わない

 

● 濡れた髪をそのままにしておかない

 

● ドライヤーをかけすぎない

 

● 頭皮に炎症があるときはやらない

 

● かぶれやアレルギー反応を確認する為、パーマなどの前にはパッチテスト行う

 

 

スポンサードリンク

まとめ

 

 

パーマやカラーリングは、髪の毛だけでなく頭皮にも大きなダメージを与えます。

 

 

ダメージを受けれれば、当然髪の毛も健康に育つことができません。

 

 

パーマやカラーリングを行わないのがベストですが、どうしても行いたいという人は最低限でも次のことに気をつけるようにしましょう。

 

 

「濡れた髪をそのままにしておかない」

 

「ドライヤーをかけすぎない」

 

 

この様に、自分で気を付けることができるものもあるので、普段のヘアケアを一度見直してみましょう。

 

 

 

ハリ・コシ・ボリュームをUPする最強育毛剤はこちらをクリック↓ 薄毛女性

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

スポンサードリンク